蒼き革命のヴァルキュリア

発売元: セガゲームスオフィシャルサイト 発売日: 2017-01-19 価格: 7549(税込) レーティング: 【C】15才以上対象 犯罪 (CERO について))
タイトル概要

中央値: 65 Amazon点数: 2.2

スコアーボード

蒼き革命のヴァルキュリアレビューチャート 標準偏差 14 (難易度) 2.00 mk2レビュー数 2
0%
0-9
0%
10-19
0%
20-29
0%
30-39
0%
40-49
50%
50-59
0%
60-69
50%
70-79
0%
80-89
0%
90-100

ユーザーレビュー

(デフォルトは中央値近順)
278人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティー グラフィックス サウンド 熱中度 満足感 快適さ (難易度)
2pt 4pt 3pt 2pt 3pt 2pt 2pt
総合点
51pt

GOOD!

今回は前作のTPSから、よくあるアクションRPGへと大幅にスタイルを変えている。

グラフィック自体はなかなかよくて、街並みなそは即得のセンスを感じさせるものがあった。
またキャラも結構好き。女の子たちはくるものがった。個性的なキャラが揃っているので、お気に入りキャラがみつかるのではと思います。
復讐をテーマにした暗めのストーリーですが、これもそれなりに楽しめました。

BAD/REQUEST

とにかくも全体にテンポが著しく悪いんですよね。
戦闘してみたらすかさずムービーイベント。またムービーとイベントがダラダラ続いていく。
なんかほとんどムービーゲーみたいなノリになってますね。
また武器強化などもやけに面倒くさいです。ここはもっとサクサクやれて欲しかったです。

COMMENT

前作に当たるヴァルキュリア3は高難易度ながらも考えられた戦闘バランスが絶妙で人気を博していたが、今回はそういうのを一切飛ばしてありていないアクションになってしまった。こういうジャンルも定番ですからいいんだけど、とにかくもムービーが多くて邪魔をするみたいな作りなので、ゲームしてんだかムービー見てんだか分かんなくなりました。

 
プレイ時間:15時間以上30時間未満(済)
めぎなさん[2017-04-18 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ

301人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティー グラフィックス サウンド 熱中度 満足感 快適さ (難易度)
4pt 4pt 5pt 3pt 5pt 3pt 2pt
総合点
79pt

GOOD!

・ストーリー
とにもかくにもストーリーがこれまでやったRPGの中でトップクラスにいいです。
大筋はもちろん、細かい部分まで非常によく練りこまれていて、素晴らしく描けています。
恋愛関係の要素がほぼなく、重厚感のあるシリアスな物語に徹したのも個人的には○です。
新シリーズではありますが系譜上連なる旧シリーズの最新作がほぼ恋愛物でいいシナリオではありましたが、本作のような重めのストーリーに安易にそういった要素を入れなかったのは良かったと思います。

大筋面では最初はやや稚拙というか王道すぎて幼稚な部分や、あまりにも同じような展開を繰り返しすぎるきらいが見られましたが終盤にいくにつれて重厚感が増していきます。最後も単なるハッピーエンドではないのでのめり込むことができ読後感も素晴らしい。
脇を固める細かい描写については序盤から全編を通して深い内容となっています。戦争物であり、比較的戦闘における英雄的行動にスポットを当てる作品が多い中、このゲームは謀略や工作、世論誘導や諜報などそういった影の部分に注目した展開が多く、リアルさがあります。

・キャラクター
これまたストーリーの素晴らしさを引き立てる形で非常に魅力的なキャラクターが多いです。
いわゆる正義対悪の勧善懲悪物ではありません。作品の紹介などでもたびたび取り上げられるように、主人公達がそもそも正義とは無縁ですし、敵側の主要キャラクターにもそれぞれ信念があって戦っているようにしっかりと描き切ったのが特に評価できる点だと思います。

・ゲームシステム
突っ込んで無双すれば勝てるというゲームではありません。序盤はそれでもなんとかなりますが、終盤にいくにつれてある程度考えて動かないとクリアに非常に時間がかかったり、失敗したりする程度には思考型です。旧シリーズと同様に思考型RPG+アクションという形は踏襲しつつ、前作より大幅にアクション寄りにしたという形で、好みの部類でしょう。

・サウンド
SEGAのゲームは割とどれもそうですが本作も音楽も最高峰です。戦闘時のBGMも挿入歌もどちらも非常にいい曲が多いです。スタッフロールが映画のエンディング風に劇中BGMを変えながら、ただの黒背景のスタッフロールなのですが、ストーリーの読後感に浸りながら素晴らしい音楽を最後まで楽しめました。シンプルなスタッフロールを最後まで見続けたゲームはこの作品だけです。

BAD/REQUEST

・ストーリー上の伏線が回収しきれていない。
いくつかの大切な伏線が回収できていません。
続編でなんとかするつもりなのでしょうか?
ストーリーの大筋には影響しないのですが、背景設定などで割と重要な要素が謎として頭出しだけされたままほったらかしなので、非常に気になります。

・キャラクターの変心が急すぎる
主人公が復讐一辺倒から成長するとき、いわゆる王道的なお姫様が甘さや綺麗ごとを捨て、覚悟を見せる時、敵側の大将の最期などストーリー上重要な部分では心境の変化が当然あるのですが、それがあまりにも急すぎます。今まで散々そういう信条でキャラクター描写を行っていたのに、割とあっさりと心変わりする様子はいささか付いていけませんでした。
もう少し心境の変化について納得できる描写が必要だったのではと思いました。特に主人公に関しては延々と同じ思想に取り付かれて、何度も乗り越えかけてやっぱりだめでという描写を繰り返したわりには、ある時、意外とあっさり乗り越えてしてしまい、やや白けました。

・ストーリーの進行
最近のRPGではたまにある現象ですが、ムービーゲーになりつつあります。戦闘と戦闘の合間のストーリームービーが長すぎて、スキップなしだと次のストーリーの戦闘が始まるまで30分以上ムービーを見続けるような展開が何度かありました。ストーリーを最高に楽しめた自分は特段苦痛に感じませんでしたが、やや長すぎるとは思います。

・ゲームバランス
序盤が温いのはいいのですが、中盤以降敵の強さの上昇スピードとこちらの成長スピードが釣り合いません。いわゆるミッションごとに推奨レベルが記載されているのですが終盤になるとそれに追いつくためにはどれだけレベル上げすればいいんだってくらい時間が必要です。
最終ミッションは推奨レベル60でしたが51でクリアとなりました。これでもそれなりにフリーミッションなどでレベル上げはしてこの状態です。特に推奨レベルに達してないと無理ということはありませんが難易度は上がります。
徐々に差が開いていくというよりは中盤のある地点くらいから一気に敵とこっちの差が開き始めるのでそこは徐々にやったほうがよかったかもと思いました。その為に難易度easyモードがあるのかもしれませんね。

・味方AIがあまりにも頭が悪い
敵の発生までに時間がかかるタイプの即死攻撃に突っ込んでいくことが多すぎます。操作キャラクターが逃げると、ある程度は付いてきてくれるのですがなぜか反転猛進して即死攻撃にわざわざ当たりにいくとかもザラです。攻撃発生位置に予告があって発生までに逃げなきゃいけないタイプの攻撃くらいは避ける努力をするようなAIにしてほしかった。
それらの攻撃はこちらの攻撃で止めることもできるのですが、止めないとほぼ被害確定という状態で、回避するという選択肢が実質的に潰されています。

・ハクスラ要素の芽はあるけどやりこみがいがない
攻撃技のドロップに関してはランダムで性能が上下するのでハクスラ的にこだわることができるのですが、特段こだわらなくても何とかなるのでせっかくの要素があまり生かせてないのは惜しいと思いました。

・ヴァルキュリアが敵のみ
ヴァルキュリアシリーズはヴァルキュリアがキャラクターとして人気なので旧シリーズではついに最新作で自軍もヴァルキュリアを使えるようになりました。本作では使えるどころか完全に敵陣営にのみ存在します。伏線回収がてら次回作があるとしたらヴァルキュリアが味方陣営にもいるといいですね。

COMMENT

ヴァルキュリアシリーズの新シリーズということで購入。旧シリーズは1作品除き他はプレイ済み。

ストーリー満点、BGM満点、キャラクター満点、ゲーム性普通といった感じです。
正直ゲームとして楽しむよりは前述の満点部分を中心に映画的な楽しみ方をするほうがいいとは思います。
旧シリーズが圧倒的なゲーム性を持ったRPGだったのもありますが、そのバイアスを抜きにしてもゲーム部分は失点はないが、加点もないという普通の域を脱していません。

続編は恐らく出るかと思いますが、買うと思います。それほどまでにストーリーが秀逸です。
難易度をeasyにして戦闘などはさっくり終わらせてストーリーだけ楽しむというやり方でも十二分に満足できる傑作だと思います。

   
プレイ時間:30時間以上60時間未満(済)
kyto-さん[2017-03-04 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ

Amazonレビュー

レビュー者: Amazon カスタマー レビュー日: 2017-03-14
シリーズ未プレイ、今作が「ヴァルキュリア」初です。
前作までがどのようなシステムだったかは分かりませんが、私が感じた点は…

・大きく分けて4種類のキャラがいるのに、BDUが全員同じなのは疑問。
最低でも兵科別にするべきでは?

・武器の強化が非常に面倒。ミッションをこなせばラグナイトは余るが、それにしても面倒。
某RPGのスフィア盤より面倒かもしれない。

・「侵略」しているように見える。「解放」と言いつつゲーム画面上はユトランド領地になっているし、
実際、アイテム購入画面などでは「ユトランド王国の支配領域が~…」となっている。侵略。

・過去語りなので仕方ないとは思うが、かなりの頻度で森の画面に戻されるのがダルさを増長させていると思う。
というかあの青年の名前、10章クリアの時点でゲーム中には一度も出ていないのも謎。

・CMが気に入って買ったのに、あの感じと全然違うのはVitaだからかな?すごく残念。

・話し方が受け入れられないキャラ。完全に私個人の好みの問題ですが。
まぁ、軍人ではない人が多い隊だから、こんなものなのかなぁ…。

…等々、文句しか言っていませんがプレイを断念するほどつまらないという訳ではありません。
ゲームを始めた時はプレイヤーにとって何の情報もない部隊員でも、ゲームを進めて手帳の断章を見れば、
そのキャラクターの背景が分かりますし、お気に入りのキャラクターが1人は見つかるかも?

おまけ
花粉症のポテンシャルが発動した時のゴドーがオススメ。なんか好き。
■スポンサーリンク

アクセスランキング

フリーダムウォーズ
■ ジャンル:“奪還”マルチプレイアクション ■ プレイ人数:1人(アドホック:1〜4人)
■価格:6264
■発売日:2014-06-26

ペルソナ4 ザ・ゴールデン
■ ジャンル:RPG ■ プレイ人数:1人 ■ ダウンロード版:5,980円
■価格:7329
■発売日:2012-06-14

討鬼伝
■ ジャンル:ハンティングアクション ■ プレイ人数:1~4人
■価格:6090
■発売日:2013-06-27

GRAVITY DAZE/重力的眩暈:上層への帰還において、彼女の内宇宙に生じた摂動
■ ジャンル:重力アクション・アドベンチャー ■ プレイ人数:1人 ■ ダウンロード版:4,900円
■価格:5980
■発売日:2012-02-09

GOD EATER 2(ゴッドイーター2)
■ ジャンル:ドラマティック討伐アクション ■ プレイ人数:1~4人
■価格:5980
■発売日:2013-11-14

イースVIII(イース8) -Lacrimosa of DANA-
■ ジャンル:アクションRPG ■ プレイ人数:1人
■価格:7344
■発売日:2016-07-21

KILLZONE: MERCENARY(キルゾーン マーセナリー)
■ ジャンル:FPS ■ プレイ人数:1人(オンライン時:1?8人)
■価格:4980
■発売日:2013-09-05

英雄伝説 閃の軌跡
■ ジャンル:ストーリーRPG ■ プレイ人数:1人 ■ ダウンロード版:6,200円 ■ 限定ドラマCD同梱版:8,190円
■価格:7140
■発売日:2013-09-26

忍道2 散華
■ ジャンル:忍者ステルスアクション ■ プレイ人数:1人
■価格:6090
■発売日:2011-12-17

SOUL SACRIFICE(ソウル・サクリファイス)
■ ジャンル:アクション ■ プレイ人数:1~4人
■価格:5980
■発売日:2013-03-07

レビュー投稿フォーム

蒼き革命のヴァルキュリア
レビュー投稿フォーム

レビューを投稿する前に

レビューをご投稿して頂ける皆様には心より感謝しております。
あらかじめ下記注意事項のご確認をよろしくお願いいたします。

  • 投稿時、IPアドレス等も取得されます。
  • ゲーム関連会社・proxyサーバー・公共施設(ネットカフェ等)からの投稿が確認された場合、投稿内容に関係なく削除対象となります(多重や不正投稿の緩和のため)。ご自宅のパソコンからよろしくお願いします。
  • ルールにより、最低5時間以上プレイしてから投稿するようよろしくお願いします。(5時間未満が確認された場合、削除対象となります)
  • 改訂稿はこちらからよろしくお願いします。
  • 自分の名前(HN)が固定されていない方へ

「通りすがり」「匿名」「名無し」など……禁止です。

任意。非掲載時の連絡の際に使用されます。予期せぬ不備や事実誤認、誤って規約に抵触してしまい、それらによる削除依頼もありますので、アドレス記載を強く推奨します。(連絡するだけなのでフリーメールも可です)


ご自身のブログ等が無い方、レビュアー登録していない方は空欄。

PR URL>URLをご自由にご記入いただくことで、ブログ、おすすめのサイトやアフィリエイトなど、公序良俗に反しない範囲でリンクを設置することができます。
レビュアーID>レビュアー登録によりレビュアーIDが発行され、レビュアーの嗜好などを紹介したページへリンクされます。仮登録された方で本登録が完了 していない方は「仮登録中」とご記入ください。レビュアーID登録者はパスワードを記入しないようご注意ください。
レビュアー登録はこちら(別ウィンドウ)

注意事項
  • 「GOOD!」「BAD/Request」の欄は、何がどう良かったのか(悪かったのか)最低何かひとつでも”ゲーム中身”とその 理由を具体的に記載して下さい。例えば「グラフィックが良い」”のみ”の記載は、他にゲーム内容が書かれていなければ50文字以上でも「ゲーム内容記載漏 れに抵触」と削除依頼されます。この場合「どうグラフィックが良いのか」「どの部分でグラフィックスが良いと思ったのか」”中身”を記載して下さい。
  • 批判ではなく誹謗・中傷。他レビュアーに対する批判。ネタバレ等はしないようよろしくお願いします。(該当部分を削除する事もあります)

  入力文字数:0

  入力文字数:0

総評として該当ソフトの感想・自分の嗜好・プレイ環境や購入動機等


  入力文字数:0
点数に関する注意事項

ソフトに対する満足度に関わらず、項目に沿った判断で採点して下さい。 総合点計算機計算機
「廉価版や中古により、定価より安く買えた」「高く売れたから」などの理由で”加点”するのは禁止となっています


独自性。過去にない斬新なアイデア

綺麗な画像、ムービー、キャラクターなど

BGM、音楽、効果音など

飽きがなくどれだけ長く遊べるか

一通りプレイして面白かったか。総合的な評価

ゲームバランス、操作性や分かりやすさなど

プレイ時間:通算プレイ時間です。クリア時間ではありません
「クリア済」:原則「エンディングまでたどりついた」が基準です

「蒼き革命のヴァルキュリア」の”特徴”や、”良い”と思ったものにチェックして下さい。

■ 投稿すると、掲載基準の規約(削除ガイドライン)や注意事項に同意したとしています。

上へ戻る